作品を展示していただいています

青山ファースト税理士事務所

190614

富士山をイメージしたアクリルペイントです。サイズはP8号。この壁には少し小さかったので、もう少し大きめの絵画も製作予定です。

株式会社ビデオプロモーション

190610

ビデオプロモーションさんはテレビ番組 The世界遺産の広告会社で、毎年、年賀状に世界遺産の作品を採用して頂いておりました。今回はパリと名付けられた会議室の一角に飾る絵をご注文くださり、F50号のエッフェル塔をイメージした作品を、約二ヶ月かけて製作いたしました。

https://www.vpr.co.jp/

仲野整体 青山

190509

仲野整体青山に私が描いた富士山の絵が飾ってあります。仲野先生とは、数年前にたまたま会食で出会いました。そのころは旅で飛行機に乗りっぱなしで身体中がきしんでいたころでした。そんなものだろうとあまり気にしていなかったのですが、仲野先生が姿勢が大切ということを教えてくれてそこから人生が変わっていきました。意識的に身体を大切にするようになり、みるみる健康になっていきました。90年続き、ニューヨークにもある、とても素晴らしい整体院なので、ぜひ一度遊びにいってみてください。

https://senakano.jp/

素敵な東京について

190614

大好きなお店。原宿のカフェルイジ。いつもありがとうございます。

190526

尊敬する現代アーティストグループ 目 さんの顔収集プロジェクトに遊びに行ってきました。東京の空に大きな顔を浮かべる企画です。あいかわらず本当に本当に面白いことばっかりしてねうらやましいです。立体や映像の作品はあまり好きでないものが多い中、目の作品は、個人的に 美しさ を感じられて大好きです。こーじんさん、みなけんさん、まっすーさんまた飲みましょう。

現代アーティスト グループ 目

190525

六本木アートナイト。今年一番興奮したのは、ギャラリーペロタンさんでみかけた、村上隆さんの平面画。まだ販売中で喉から手が出るほど欲しかったけど、もちろん高額なので、もちろん即決できずでした。。

今年はみずやさんとも合流しました。このあとみえの大学時代の友達や作家に続々と出会って深夜まで盛り上がりました。

190520

みさき家に黒猫がやってきた!空き家の屋根裏に潜んでいたらしいです。かわいすぎてかわいすぎてやばい。。。

190519

母の日のお祝いで、家族でホテルブッフェでした。みんなで新宿御苑にいってはしゃぎました。入場料が500円になっていてびっくり。たくさん飲んで笑って最高の日。

190511

今日はミッドパークヨガの朝ヨガへ。今年から時間が少し遅くなりました。太陽がカンカンで暑かったけどいっぱい身体を伸ばして最高でした。今日は900人もの人が集まったそうです。すごい人気。

190508

ミッドタウンの裏の芝生広場のパークヨガには毎年参加しています。心地よい風とリラックスした雰囲気の中で身体を伸ばすのはとても気持ちが良いです。今年夜の部は30分遅くなったんですね。その日は気温が低くて肌寒かったけど、自転車旅で疲労した身体を伸ばすことができました。

パークヨガ

190427

みえとみさきとポケモンウォークしていた時にみさきちゃんが教えてくれた場所。乃木坂の素敵なワークスペース。昨年の秋にオープンした SOLSO PARK。個人的には 日本一おしゃれな空間だと思いました。東京にはなかなかこんなに自然があって広々したワークスペースはないですね。こんなところで働いたら楽しいだろうな。

http://solsopark.com/

日本の世界遺産

190521

古墳をアクリル画にしてみることにしました。なんともいえないシンプルな形なので、 抽象的で面白い絵になりそうな気がしています。

「仁徳天皇陵」含む古墳群、大阪にも世界遺産が誕生しますね!いまからワクワクします。写真は先日関空からの飛行機にて撮影。

「仁徳天皇陵」含む古墳群 世界遺産

おいしかったご飯メモ

190518

6カレー

にしむーの紹介で、恵比寿の隠れ家的カレー屋さんに行ってきました。こちらは会員制のカレー屋さんで月額3000円を支払うことで、毎日一杯無料でカレーを頂くことができます。こちらではたくさんのコラボイベントなどを企画しており、お客さん同士が楽しく繋がれる仕組みがあります。なによりカレーとても美味しかったです。

190507

麻布十番ブルズ

今日はいいことがあったので、妻と焼肉を食べました。こちらのお店は広くないのですが、テーブルが大きく、清潔感があります。お肉の質は申し分ないです。焼肉は最も大好きな食べ物のひとつです。

ロードバイクで冒険

TREK Domane SL5 Disk 輪行の旅 東京から和歌山へ

ゴール 和歌山

190504

三重県伊賀市から奈良県吉野町を経て和歌山県紀の川市の実家へ。この日は120キロの道のりで、関東や一号線に比べて車や信号がすくなく、とても走りやすい工程でしたが、アップダウンが激しくて刺激もある道でした。

途中吉野山のあたりで気持ちのいい場所があったので、休憩しながらスケッチ。この季節は本当に気持ちのいい風が吹きます。

ゴール和歌山の実家!爽快感にひたる。東京から560キロ、途中輪行したので約500キロを自転車ではしりました。

次の日朝はピカピカに洗車をした。きれいになっていく様がとても楽しい。

お昼は庭でバーベキュー。家族、親戚みんなが集まって素敵な時間を過ごしました。妹の赤ちゃんが産まれたてで、会いにきたのが今回のメインの目的のひとつでした。幸せです。次はどこに走り行こうかな。

190508

東京に戻る飛行機はANAさんです。飛行機を運んでいただくのは初めてなのでドキドキ。とてもスムーズに預かっていだだきました。

自転車も無事に羽田空港に到着しました!はじめての飛行機輪行完了。自転車で冒険できる幅が広がりました!

名古屋城スケッチ 伊賀いいね

190503

本日のベストショット 伊賀の森林の道

朝起きるとさすがに昨日の200キロが効いていて身体がきしむので、今日は豊橋から名古屋まで輪行することに。自転車を袋にいれる練習は数回繰り返して練習したので、スムーズにできた。これにより本日は160キロから100キロ程度になった。

途中チェーンが外れるトラブルもGoogle先生のおかげでクリア。結構自転車わかってきた気がして嬉しい。

輪行したおかげで4時間くらい余裕ができたので、改めて名古屋城をスケッチすることに。ゴールデンウイークなので、家族連れがたくさん。和やかな風と心地よい日差しの中ゆっくりと描きました。もちろん愛車も。

伊賀のほうに抜ける峠越えは景色や香りがよく心地よい雰囲気でした。

晩御飯は伊賀牛をいただきました。走った後だし本当にうまい。

旅のメモ

本日の移動

0730 豊橋出発

0830 輪行で名古屋へ チェーン直す

0900 名古屋城スケッチ 買い物など

1100 名古屋出発

1500 四日市

1700 亀山

1915 伊賀上野ホテル着

食べたもの

朝 カレー 焼き魚 サラダ コーヒー オレンジジュース

昼 2時間おきくらいに

サンドイッチ、サンドイッチ、デカビタ的なドリンク、チロルチョコ

夜 伊賀牛蒸し焼き、刺身、その他和食、ごはん

200キロロングライド

190502

三島から豊橋まで約200キロ。結構道に迷ってしまいつつ、13時間かかって目的地到着!

今日の感想

目標があると、苦しくても一歩一歩ふみだせばたどりつく、と学んだ。

富士山が見えなくてスケッチならず。でもスケッチしてたらたどり着けなかったかも。。。

静岡のこのあたりは以前通った記憶がありました。海綺麗です。富士山も普段はみえそう。

旅のメモ

0730三島 出発

1125静岡駅

1530掛川

1745浜松

2030豊橋ホテル着

食べたもの

朝 クロワッサン、サラダ、コーヒー、オレンジジュース、ミルク、チキン、卵焼き

2時間おきに

チキンサンド、いちごフルーツサンド、ようかん、おにぎり、おにぎり、リアルゴールド

晩御飯はお袋の味的な定食でした。

出発 令和元旦

190501

今日から三泊で和歌山までいきます。表参道のスパイラルにて みえ(妻)のジュエリーが展示されるので、見学させてもらってからスタートしました。

本日の移動

表参道から三島駅

移動距離約120キロ

出発0930 到着1900

食べたものメモ

朝 ヨーグルト、昼 牛丼、おやつ ようかん、バームクーヘン 水 いろはす三本 、夜 うな重

途中バッグに巻いていたオットーロックが後輪タイヤと擦れるトラブル発生。タイヤが少し削れたみたいなのでパンクが心配です。摩擦熱?で鍵の表面がただれています。

今回は箱根ではなく、246号をメインに、御殿場の峠を超えていきました。途中、天気予報どおり雨。

雨や渋滞で予定より遅れて三島のホテルに到着。こちらは部屋にバイクを持って入れるおしゃれなホテルでした。

準備

190430

平成最後の日、明日からの自転車旅に向け、荷造りです。スケッチブックも重かったので、必要な分の紙だけを抜いて簡易版作りました。途中でスケッチする余裕なんてあるのだろうか。明日はまず三島までいきます。

輪行の練習

190428

ゴールデンウィークの後半くらいから関西の方へのんびり輪行旅を計画しています。はじめてロードバイクをばらしたりして練習しています。今回一緒に旅をするのは TREK Domane SL5 Disk という自転車です。帰りは飛行機輪行、途中ばてたら電車で輪行したいと思っているので、まずは輪行の練習が必要です。

輪行袋 R250 トレック ドマーネ SL5 ディスク 輪行する

YouTubeなどを見ながらはじめて袋に入れるところまでいけた時は4時間くらい試行錯誤でかかりました笑。とにかく後輪を外すことすらはじめてで構造的に理解していないから壊れないかヒヤヒヤしながらばらしました。また、このドマーネはタイヤを外し、ハンドルが長いのか、ハンドルを倒した時にYouTubeの例のように自立しませんでした。なので、倒れないように注意しながらタイヤなどを結んでいくことが本当に疲れる。ということで、4時間の中で考えた結果サドルを少し斜めにすると自立するということを発見しました。一手間増えましたが、とても作業がはかどります。

輪行袋 R250 トレック ドマーネ SL5 ディスク 輪行する サドルを斜めにすると自立した。

だいぶ理解できてきたので、2回目は時間をきちんと測ってみました。袋に入れ終わるまでで、36分、袋から出して走れる状態にするまでで、22分でした。なんとか10分くらいまで縮められるように出発までにあと何回か練習します。

輪行袋 R250 トレック ドマーネ SL5 ディスク 輪行する

190429

今日は3回目の練習。少しタイムが早くなった。袋に入れるまでが26分、袋から出して走れる状態にするまでは18分だった。これでもまだまだ時間がかかっているので、もう少し縮めたいです。200キロはしった後でもさくっと輪行できるように練習します。

いろいろ迷ってトレックのカーボンバイクに決定

190416

ロードバイクを検討し始めると、いてもたってもいられなくなってどんどん調べていくうちにブランドやラインナップの違いなどがかなりわかるようになってきました。カタログを端から端まで読み、自分にあったブランドはどうやらTREKであることは確定しました。というか家に一番近いのがTREKだったというのもあります。メンテナンスや講習など色々と便利かなと思いました。いつかロードバイクで遠出して、絶景と出会ったらスケッチするような旅がしたい。

当初フレームはアルミで全然良いと考えていて、ずっとアルミのバイクを研究していましたが、見比べて、乗り比べているうちにカーボンの方が絶対に良いという結論に達しました。そして、勇気を出して購入!最高の相棒と出会うことができました!大人になって初めてかもしれない、宝物ができました。納品まで10日かかるとのことです。

ロードバイク 旅 松田光一
2019 Domane SL 5 Disc

かっこいい自転車を求めて

190413

最近無性に自転車で出かけたい衝動に駆られています。10年前に大阪まで小径車で旅をした時のことを思い出しながら、その時はとても辛かったので、かなり大人になった今は少しグレードの高いきちんとしたロードバイクで行ってみたいという思いが強まってきました。この季節は最も気持ちの良い季節。買うなら今だな。

ポケモンぎんぷらがてら立ち寄ったスペシャライズドさん。

輪行バッグはモンベルのがよさそうかなあ。そもそも自転車まだ持っていないので、旅の時のために、折りたたみの練習をたくさんしなければ。

アートな旅 軽井沢 草津 山ノ内

麻布アトリエに溜まっている作品を群馬の保管場所に運びます。今回のルートは高崎(群馬)軽井沢(長野)草津(群馬)山ノ内(長野)

松田光一 キャンバスペイントたち

軽井沢へ向かいます。お世話になっている軽井沢アートミュージアムにご挨拶に伺いました。

軽井沢ニューアートミュージアムは最近ショップの内装をリニューアルして本を読みながらくつろげる空間になりました。軽井沢でゆっくりしたい時にものすごくオススメの空間になっています。コーヒーを飲みながらくつろげます。また、こちらのショップでは私の作品が展示、販売されています。地球の絵など7点の作品をとても素敵に展示してくれています。旅の思い出に一枚オススメです笑。

軽井沢ニューアートミュージアム 松田光一

今回の旅の最終到着地点はロマン美術館です。学芸員の鈴木さんとアートについて語りました。とても楽しい時間を過ごしました。来年の夏にでもここで展示ができるように、たくさん作品作ります!

草津湯畑スケッチ

草津湯畑スケッチ

群馬県草津がとても気に入りました。湯畑の前のカフェで休憩しながら景色が素敵だったので、サラサラスケッチ。岡本太郎さんもこの場所がとても好きだったのだそうです。住みたいくらいいいところ。

草津湯畑スケッチ

アクリル絵の具で大きめの作品を創る

ハワイの海の絵 松田光一 光を描く

現代の世界の、美しさや楽しさ、情景や輝きを、キャンバスに描いていく

キャンバス作品一覧はこちら

(2019年4月)

少しずつ色を深めていきます。絵画制作ですが、いつも彫刻のように削っていく作業のように私は感じます。

新しい作品一枚を制作します。私としては少し大きめの作品になるので、メモしておこうと思います。1日目はキャンバスに下地を塗って行きました。

キャンバスペイント 松田光一

S8 キャンバスペイント

(2018年11月26日)

11月 「S8」サイズの作品を何点か制作しています。抽象的な絵柄ですが、世界の輝きを表現して行きます。世界遺産を訪ねて巡ってきた世界はどの場所もキラキラと輝いて見えました。旅にでる前とあとでは世界の輝きに変化があったことを覚えています。私は今毎日が輝いていて、本当に幸せな時代に生まれたな、と感じながら過ごしています。その気持ちをキャンバスに乗せて、ときには太陽、ときには月、ときには海、ときには山、そんな世界の美しいものを思い浮かべたりしながら、キャンバスには抽象的な鮮やかさだけが残ります。何枚も描いて行くうちにより新しい世界観が出来上がるのを楽しみにしながら、無心で描いています。

松田光一の世界遺産アート 光の絵 | 抽象画

A to Z アブストラクトペイント シリーズ

世界遺産 絶景 大切な場所 人類の宝もの 大自然 など、旅を通じて出会ってきた輝く風景を描く旅。近年はそんな道筋から影響を受けてきた感覚を、松田個人の抽象的な感覚で表現するようにもなってきました。キャンバスにアクリルペインティングを中心 に 少しずつ 作品 を アーカイブ しています。

A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z

松田光一 抽象画 | 世界遺産アート ギャラリー Gallery
S : Sun, Shine (太陽や光を表現する)
松田光一 抽象画 | 世界遺産アート ギャラリー Gallery
E : Earth (地球を表現する)
松田光一 抽象画 | 世界遺産アート ギャラリー Gallery
M : Mountain (山を表現する)
松田光一 抽象画 | 世界遺産アート ギャラリー Gallery
W : Water, waterfall(水を表現する)

青い海、広い空を感じる作品を作る

(2018年4月)

新しい試みが少し芽を出し、大きめのキャンバス作品の制作に明け暮れています。ハワイの海をイメージしたオーダーメイド作品で、新居に飾られる予定です。このキャンバスには、大地、空、海をイメージした色彩を描きます。最近はこれまでの旅の経験と、これまでの人生の歩み、感覚をキャンバスに、比較的、抽象的に刻むことが楽しくなってきました。平面画を描き続ける道をいまだに歩んでいられることがとても幸せに思います。というか平面画はやっぱりめちゃくちゃ面白いです!少しずつ絵や美術品がなぜ必要なのかということも個人的な解釈で分かってきて、美術品の購入にとても興味が出てきました。ほしいやつは高すぎてなかなか買えないけど。とにかく目の前のキャンバスに全力で面白い作品を創ります。

Point 1

アクリル絵の具で大きめの作品を創る 松田光一の世界遺産アート

久しぶりに80号規格のキャンバスの制作に取り掛かります。M規格の横長サイズなので、海の景色を描くのに適しています。

Point 2

アクリル絵の具で大きめの作品を創る 松田光一の世界遺産アート

海や大地をイメージした作品を作っていくので、まずは大好きな青をベースカラーに敷き詰めて行きます。

Point 3

アクリル画制作 松田光一の世界遺産アート
アクリル画制作 松田光一の世界遺産アート

全体的に青い色で下地が完成しました。ここから青や空間に深みを出して行こうと思います。個人的にはこの状態も結構好きです。

Point 4

ここ数日間、ブルー系統以外の色を乗せるかをものすごく迷っていました。美しい色合いが表現できていて、このまま完成とすることもできると感じていたからです。ただ、このままでは単純に「美しい、綺麗な絵」と行った印象で、作家の「個性」が表現できていないという印象を受けていました。構図など色々考えてみて、とにかく別の色をどんどん乗せて行って見ることにしました。この作業に入ることで、絵が濁り、遠目で見るとグレーになってしまうことがしばしばあります。そうならないように、慎重に、かつ大胆に色を乗せて行きます。私としてはかなりイメージに近づいて来たような気がしましたが、ブルーがなくなってしまったので、調達して来ることになりそうです。もう少し重ねて行きます。

松田光一のアクリルペインティング 麻布アトリエ 子供絵画教室 世界遺産アート
松田光一のアクリルペインティング 麻布アトリエ 子供絵画教室 世界遺産アート

Point 5

一ヶ月ほど、チマチマと毎日のように色を積み重ねていきました。将棋やチェスのように駒を進めていく作業に似ていると思います。色や構図のバランスを考えながら、少しずつ絵のバランスが良くなってきました。あくまで個人的な感覚ではあります。

アクリル絵の具 ペインティング 麻布アトリエ

そのままスタイリッシュに飾ってもらえるように側面に仕上げ用のテープを巻いていきます。大きめの絵だったので、テープが足りませんでした。

Point 6

二ヶ月くらいあれこれと色を継ぎ足してバランスを見ていきました。例えばほんの少しピンクを塗り足すと、遠目で見ると全体のバランスが崩れたりするのです。これは、自分だけしかわからないどうでも感覚かもしれませんが、どうしても全体のバランスが崩れたように見えてしまいます。そういった部分をジワリジワリと調整していきます。この作業は無限に行えてしまうため、時間で区切ることにしています。今回の場合は約2ヶ月という時間で区切りました。もちろんずっと作業している訳ではなく、多くの時間は作品を眺めてあれこれ試行錯誤している時間に費やされます。そういった経緯を経て作家として納得がいった状態が「完成」となります。私の場合はこの美術創作における「完成」の状態を感じられることが大切だと思っています。完成と感じてももちろんいくらでも、手を加えることができるので、これがなかなか難しいものです。一方で子供たちは、飽きた時点で完成を迎えてしまうことが多いので、少し勿体無い気がすることがあります。しかしながら、それもまた一つの完成と言えるでしょう。

話が逸れましたが、一つの作品が完成しました。納品設置も完了して、また一つこの時代に一つ創作物を残すことができたことに感激しています。素晴らしい機会を与えてくださり、本当にありがとうございます。

アクリル絵の具 作品完成 麻布アトリエ

作品のキャンバスの裏面にはサインが入ります。

アクリル絵の具 作品完成 麻布アトリエ

リビングに展示しました。

アクリル絵の具 作品完成 麻布アトリエ

Acrylic on canvas M80 Code P 2018 @koichi0921

軽井沢ニューアートミュージアム(5/21)

先日大好きな軽井沢に旅行する機会があり、ショップで作品を販売して頂いているアートミュージアムに遊びに行ってきました。新しいアクリルの作品を見ていただき、色々とアドバイスを頂きました。これらの作品のうち、いくつかを販売して頂けそうなお話になり、とても素敵な時間になりました。アクリルの作品はまだまだ荒削りなのですが、個人の根本的な感情をキャンバスに刻む作業から生まれる作品たちなので、世界遺産を具体的に描いたWorld Heritage Artのシリーズとはまた違った光を放つのではないかと個人的には考えています。

軽井沢ニューアートミュージアム 松田光一
アクリル作品 軽井沢ニューアートミュージアム 松田光一

かナムのみなさまいつも本当にありがとうございます。

(続く)

明日は どこへ行き どんな絵を 描こう
松田光一

グラフィックアーティスト | WORLD HERIATGE ART(世界遺産アート)というブランドを作って活動をしています。世界遺産をモチーフとした絵を描いたり 旅をしてその風景を写真に納めて 作品を作っている作家です。世界遺産を描くようになったのは 29歳の時にトロント(カナダ)へ語学留学をしたことが大きなきっかけとなりました。世界には様々な文化の人々がいることを肌で感じ、その人たちが共通して大切にしている、自分たちの文化とその文化が作り出した人類の文明の美しさでした。松田は小さな頃から 世界遺産 が大好きでしたが、実際に自分の目で見て感じることで世界遺産の素晴らしさ、地球の美しさを 自分のできる能力、絵といいう技術を使って人々に伝達したいと考えるようになりました。それが世界遺産アートの始まりだったのです。

 ホームページへ

子供絵画教室 | 麻布アトリエ