世界を旅したネコ(仮)

世界を旅したネコ(仮タイトル)

ネコは退屈でした。いつも一人でした。最初のうちは寂しくて泣いていましたが、最近は声があまり出なくなりました。

 

 

いつも一緒に眠ってくれたお父さんが最近は帰ってこなくなりました。お父さんはどこに行ったのかなあ。

ネコは退屈でした。寂しくてネコは眠ったりゴロゴロしたりしてばかりでした。

昔お父さんがよく世界の話をしてくれました。どこどこの海が綺麗だとか、あそこの崖からの夕日が綺麗だとか。ネコはその話を聞くたびに世界を見て見たいと思いました。

生まれてからネコの世界はお父さんと過ごしたこの部屋が全てでした。

何日もネコは退屈でした。ネコはお父さんがもう帰ってこないのだと感じました。ネコは寂しくて泣きました。

 

ある日 ネコはお父さんのノートを開きました。そこにはお父さんの世界旅行の日記が記されていました。とても楽しそうだなと思いました。

ネコは壁に掛けられた世界地図を眺めていました。ネコはここにいても退屈で悲しいだけなので、お父さんが教えてくれた世界を見たいと思いました。

ネコは一人で世界を旅することを決めました。ネコは初めて玄関の扉を自分で開けました。

初めての外の世界はキラキラと輝いていました。少し怖かったけどすぐにワクワクしてきました。

ネコはタクシーに乗りました。窓から見える景色がビュンビュンと過ぎていきます。こんなに早く移動したことがなかったのでネコは驚きました。

何時間かタクシーに乗ってネコは空港にやってきました。たくさんの人がいて本当にドキドキしました。

ネコはどんどん飛び立っていく飛行機を見ているとワクワクしました。

ネコは飛行機に乗りました。空の上から見る富士山の景色がとても綺麗でした。

今まできたことのない高さからみた景色を、スケッチと日記を書きました。

 

ネコはいつのまにか眠っていました。そろそろ着陸するようです。

ネコが最初にやってきたのはお父さんが初めての旅で感動した場所でした。空港からはバスで移動しました。みんなでワイワイ移動するのがとても楽しいことを知りました。

不思議な形の尖った岩がたくさんある場所でした。お父さんの日記の通りこの場所から見る夕日がとても綺麗でした。ネコは世界の美しさに涙が溢れました。

その夜、ネコはその街の伝統的なダンスをみんなで踊りました。お酒も飲んでとても楽しい気持ちになりました。

ネコは生まれて初めて踊ったのがとても楽しかったので思い出を絵と日記にしました。

 

ネコは車で砂漠を走りました。長い道をひたすらネコは眺めていました。世界はとても広いことをネコは知りました。

ネコはとても暑い場所にやってきました。

このあたりはなんだか怖い場所のような気がしました。お父さんの日記には3人の盗賊が現れたとありました。

ネコは怯えながら歩きました。3人の男が歩いてくるような気がしてネコは怖い思いをしました

 

ネコは船に乗りました。

海という大きな水たまりがネコには新鮮でした。

魚を釣って食べました。新鮮な魚がどれほど美味しいか知りました。

_

水中に潜って見るともっとたくさんの魚がいました。大きな生き物もいてネコは本当に驚きました。

ネコは海の美しさに感動してスケッチと日記を書きました。

 

ネコは美しい街に降り立ちました。

美しい女性と美しい街並みに感動しました。

ネコはソフトクリームを食べました。今まで食べたことのない甘い味が気に入って、大好物になりました。

ネコは海を眺めながらお父さんと暮らした家のことを考えていました。

お父さんに会いたいと思いました。たくさんの世界を見たネコは家に帰って見ることにしました。

家に帰るとやっぱりお父さんはいませんでした。その代わりに一人の女の子がいました。

その女の子にネコは世界の話をしました。女の子も楽しそうにその話を聞いてくれました。

ネコは美しい夕日を女の子に見せてあげる旅に行きました。

楽しかった世界を家族に見せてあげることにしました。ネコは一人で旅をしてきたときよりも何倍も楽しかったので、

その気持ちをスケッチと日記に書きました。